結婚式マナーWEB
結婚式マナーWEB TOP → 受付係のマナー 受付係の仕事

受付係の仕事

受付の仕事は新郎側と新婦側の二手に分かれて行われます。通常、結婚式の受付係は新郎新婦それぞれの友人や会社の同僚、親せきなど両家とも2名ずつ頼まれることになっています。

そのため芳名帳やペン、最終的にご祝儀をまとめる袋などは両家それぞれに用意され、受付の仕事もそれぞれ行うことになります。受け取ったご祝儀も新郎側と新婦側で別々にお預かりします。

受付の仕事は両家ともに案内係とご祝儀係に分けて役割分担すると招待客をお待たせすることなくスムーズに進めることができます。

案内係の仕事は、招待客へのご挨拶とご祝儀をお預かりしてご祝儀係へ渡すこと、招待客に記帳シテもらい席次表やお車代など配布物を手渡すこと、開宴するまでの控え室やウェルカムドリンクのご案内などです。

ご祝儀係の仕事は、招待客名簿のチェックと招待客の確認、名簿との照らし合わせをしてご祝儀を家族の方へ預けるまでの間責任をもって保管することなどです。

受付係の仕事で一番重要なのはご祝儀の管理を慎重に行うことです。受付が開始してしまったらどんなことがあっても席を離れてはいけません。そのためトイレは事前にすませて準備をしておきましょう。

急な呼び出しなどでも必ず誰かが受付に残るようにして絶対にご祝儀のそばから離れないようにしましょう。

受付が終わったらご祝儀と芳名帳を会場の専用袋に入れてご家族か会計係りに渡すことになっています。ご祝儀を受け渡しする方の顔も事前に確認し、ご祝儀を渡すまでは肌身離さずに持ち歩きましょう。

受付係のマナー

http://www.dr-m.co.jp/