結婚式マナーWEB
結婚式マナーWEB TOP → 受付係のマナー 受付係の準備

受付係の準備

受付係は会場に到着したらしっかりと準備をしてから本番を迎えましょう。受付の本番は挙式や披露宴開始の30分前から始まることが多いようです。当日は受付係の仕事に余裕がもてるようになるべく集合時間の30分前に会場へ到着するようにしましょう。

受付をするまえに必ずトイレを済ませておきましょう。受付係は両家の代表として招待客からのご祝儀を責任もって預からなければいけないため、いかなる理由があろうとも持ち場を離れてはいけません。

新郎新婦から事前に伝えられた受付係の集合時間をきちんと守り、集合したら相手側の受付係や会場スタッフの顔を確認して受付の流れの説明を受けます。

受付に用意されているものを確認し、受付方法や流れ、会場についてなど事前に確認してから各自の位置につき、役割分担を決めましょう。

結婚式は親族や友人などが再会する良い機会であり、懐かしい話に花を咲かせることもあるでしょう。しかし、思わず話し込んで受付が混みあってしまうなんてことがないようにしましょう。

ご祝儀はすべて受付係が預かって責任を持ちます。一般的に受付終了後に芳名帳とともに専用の袋に入れて新郎新婦のご両親やご兄弟に渡すことになっています。ご祝儀を誰に渡すかをきちんと確認し、ご祝儀をご家族の方へ渡すまでは肌身離さずに持ち歩きましょう。

受付係は披露宴で挨拶や乾杯の音頭をとられる主賓の方々や遠くからかけつける招待客のために新郎新婦が用意した「お車代」「心付け」を渡す仕事を頼まれることがあります。そのため事前に誰に渡すかも確認しておく必要があります。

受付係のマナー

ベナンバックス
ベナンバックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.rakuten.ne.jp/gold/dpris/
ポスター印刷

リバティ ラミネート
http://item.rakuten.co.jp/auc-syugeiyasan/c/0000000120/

筆耕 弔辞
筆耕の弔辞なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!