結婚式マナーWEB
結婚式マナーWEB TOP → テーブルマナー 中華のマナー

中華のマナー

中国料理はもともとターンテーブルを何人かで囲んで楽しく食事をするもので、和食やコース料理よりもマナーを気にする必要はありませんが、結婚式の場では最低限のルールを守るようにしましょう。

中華で良く使われるれんげは箸と同じで正しい持ち方があり、スプーンの持ち方ではいけません。まず人差し指をれんげの溝に入れて柄を親指と中指ではさんで持つようにしましょう。

れんげはスープを飲むときは右手で持ちますが、料理を食べるときは右手に箸、左手にれんげを持ちます。中華では食器を手で持ちませんので汁物の料理ではれんげを上手につかって汁をこぼさないように気をつけましょう。

スープを飲むときのマナーは、器に口をつけないこと、音をたてないことなどです。れんげでスープをすくって口元へ運び、れんげを平行にして傾けるようにして飲みましょう。スープの残りが少なくなってきたら器を傾けてすくいましょう。

ターンテーブルの回し方は基本的に右手で右回りに引き寄せますが、料理が少しだけ左側にあるのであれば大きく右回りに一周させる必要はありません。料理を取る時はサーバーを使い、右手にフォーク、左手にスプーンをもって具を上下ではさんで自分の皿にうつしましょう。

ターンテーブルにはお酒や食べ終わった皿をのせてはいけません。料理に箸やサーバーが用意されていないときは、自分の箸を使いましょう。中華では和食のように箸を反対向きにして料理を取り分けるのはマナー違反になりますので気をつけましょう。

テーブルマナー

鹿児島空港 レンタカー
http://www.dgachn.org/

スクラブ 医師
スクラブの医師なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ドネペジル
ドネペジルなら医療関係者向けの製品情報サイトで!