結婚式マナーWEB
結婚式マナーWEB TOP → テーブルマナー 和食のマナー

和食のマナー

和食には会席料理や折衷料理、創作料理など様々なものがありますが、マナーの基本は箸です。

お箸をとる時は、箸の中央を右手で持ちあげて箸先部分に左手を添えて下から支えるようにした後、右手を右の方へ移動させて親指と人差し指の付け根部分に箸がおさまるように持ち替えましょう。

二本の箸を手で握って食べる「握り箸」や箸をなめる「ねぶり箸」、食べ物を箸で突き刺す「刺し箸」、箸を使って器を引き寄せる「寄せ箸」、同じ手で箸と食器を持つ「持ち箸」、他人と同時に同じ物をつまむ「拾い箸」は和食ではマナー違反になります。

椀ものを食べる時は、まず左手を器に添えてから右手でふたをはずして、ふたはつゆがこぼれないように裏返しにして右側置きます。食べ終わった後は椀の塗りを傷つけてしまわないように、ふたを裏返しにせず元通りにして戻しましょう。

お椀や小鉢などの食器は手にもって食べましょう。手にとるときは必ず両手でそっと持ち上げた後に左手に持ち替えます。その後右手で箸を持ち上げて器を持っている左手の中指と薬指でそれをはさみ、右手を移動して下に回して持ち替えましょう。

洋食のマナーでは食事が終了した時にフォークとナイフを平行に揃えて置いておくのがマナーでしたが、和食では食べ終わった器を下げてもらうために器をひとつずつ膳の外側に出すことになっています。この時に器を重ねないように気をつけましょう。

すべての食事が終了したら、箸を箸置きに揃えて置きましょう。割り箸なら箸を揃えて袋に入れて袋の先を少し折り曲げるとよいでしょう。

テーブルマナー