結婚式マナーWEB
結婚式マナーWEB TOP → テーブルマナー 洋食のマナー

洋食のマナー

結婚式のマナーとして披露宴やパーティーの食事でのマナーも覚えておくとよいでしょう。洋食のコース料理は箸を使う日本人にとっては慣れないものですが、いくつかの点に注意して自然な振る舞いを心がけましょう。

コース料理では左側にフォーク、右側にナイフとスプーンがいくつか並べられています。ナイフとフォークはそれぞれ外側から順に使います。一番右端のスプーンはスープ用で、そこから順にオードブル、魚料理、肉料理という順になります。

食事の途中でパンを食べたり席を立つ必要がある時は使っているフォークとナイフをお皿の上に「ハ」の字になるように置きましょう。これは食事中のサインで、フォークの背面を上にしてナイフの刃を内側にします。 食べ終わった時はフォークの背面を下に、ナイフの刃を内側にしてそれらを平行に揃えて置きましょう。

床にナイフやフォークを落としてしまった時は自分で拾わずに、手をあげて会場のサービス係に頼みましょう。新しい食器を受け取ったらお礼の言葉を忘れずに。

洋食の基本はフォークとナイフなので、手に持っていい食器は基本的にコーヒーカップと取っ手があるスープカップだけと思ってください。コーヒーで使用したスプーンや紅茶のレモンなどはカップの向こう側に置きましょう。

殻つきの海老やカニなどにはフィンガーボウルがついてきます。洋食ではフォークとナイフが基本になりますが、フィンガーボウルがあれば手を使っても良いということです。その場合は親指と人差し指と中指の第二関節くらいまでを片手ずつ入れて静かにこすり合わせて洗った後ナプキンで拭きましょう。

テーブルマナー

ナースシューズ アシックス
ナースシューズのアシックスなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

http://www.mitsuhashi-kikaku.co.jp/