結婚式マナーWEB
結婚式マナーWEB TOP → 結婚式のスタイル 神前式

神前式

神前式は古くから日本で行われている独自の結婚式のスタイルで、神の前で三々九度の杯を交わすことで結婚の誓いをします。神前式は基本的に神社で行われるものですが、最近ではホテルや結婚式場に神殿が設けられていてそこで行う場合も多くなっています。

神前式に参列するのは基本的に家族だけでしたが、最近では友人や知人が参列することも多くなってきているようです。また神前式の衣裳は和装で行うのが通常でしたが、ウエディングドレスで神前式を行う場合もあります。

神前式の流れは、新郎新婦が結婚の報告をするという形で祝詞を読んだ後に「三献の儀」と呼ばれる三々九度の杯をかわします。

三々九度の杯とは、三段に重ねられた杯をそれぞれ1杯につき3口で飲み干して、合計で9度杯に口をつけてお酒を飲み交わすことです。

お酒を飲めない場合は無理して飲む必要はなく、杯に口をつけるだけでも問題ありません。また、お酒を飲んでも全て飲み干す必要はありません。

その後、玉串奉奠と呼ばれる榊をささげる儀式が行われて、二礼二拍手一礼のあとに親族が固めの杯を交わして挙式がとり行われます。

神前式はしっとりとした厳かな雰囲気の中、雅楽の心地よい音色とともに挙式が行われますので、雰囲気がとても魅力的で多くの方が神前式を希望されています。

また、神前式は新郎新婦を挟むように両側に親族が並んで座るので両家が顔を合わせながら挙式を行うことができ、親族どうしが新しい親戚を迎えるという一体感を感じることができます。

結婚式のスタイル

遺品整理 岐阜
遺品整理を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

プラビックス
プラビックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!