結婚式マナーWEB
結婚式マナーWEB TOP → 結婚式のスタイル 教会挙式

教会挙式

ひと昔前と違って最近の結婚式はキリスト教の教会挙式が主流となっているようです。純白のウエディングドレスを着てバージンロードを歩きブーケトスをする挙式スタイルは、今では女性が最もあこがれる結婚式のスタイルとなっています。

もともと教会挙式は新郎か新婦のどちらかがキリスト教徒でない場合は挙げることができない挙式スタイルとなっていましたが、最近はその教会によってキリスト教でなくても結婚式を挙げられる場合もあるようです。

また、ホテルや結婚式場などにもキリスト教の礼拝堂であるチャペルが設けられるようになってキリスト教式の挙式はめずらしいものではなくなりました。これらのチャペルでの挙式は宗教に関係なく参列することができます。

教会挙式の流れはまず始めに参列者が入場します。祭壇を前にして右が新郎側の参列者、左が新婦側の参列者となります。

参列者がそろったら新郎が入場して祭壇の前で新婦を待ちます。その後、参列者が起立して新婦が父親のエスコートで入場し、バージンロードを進みます。

そのまま讃美歌を合唱し、牧師の聖書朗読、神への祈りを捧げた後に新郎新婦が結婚を誓う儀式が行われます。そして指輪交換をして牧師が祈りを捧げ、結婚を宣言します。

ベールを開けて誓いのキスをした後に全員が起立して讃美歌を合唱し、新郎新婦が誓約書にサインをし、牧師が祝福の祈りを捧げた後に新郎新婦が腕をくんで退場していきます。

このように大まかな流れをつかんでおくと、結婚式で次は何?とあわてることなく落ち着いて新郎新婦を祝福することができるでしょう。

結婚式のスタイル

歯科衛生士採用ページ 。岐阜市北島 りお歯科クリニック
http://www.rio-dc.com/sd/eiseishi

パナルジン
パナルジンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!