結婚式マナーWEB
結婚式マナーWEB TOP → 服装のマナー 親せきの服装

親せきの服装

新郎新婦のご親せきもせっかくのフォーマルな場ですので思い切りおめかしして結婚式に出席しましょう。洋装でも和装でも新郎新婦の衣装とあわせてそれよりも少し控えめに装うようにするとよいでしょう。

親せきの場合は、父母のように特に服装のルールがあるわけではないのですが、周りの親族と相談してみて統一感を出すようにするとよいでしょう。

既婚男性の場合は昼間の正礼装であるモーニングコートや夜の正礼装であるタキシードがおすすめですが、一般的に結婚式でご親せきの方々が着られるのはフォーマルスーツが多いようです。

フォーマルスーツはブラックスーツとも呼ばれるフォーマル用の黒いスーツですが、白やシルバーグレーのネクタイと合わせて着用します。未婚の方やカジュアルな結婚式ではダークスーツでも問題ありません。

高校生以下の男の子は学校の制服がある場合はその制服を着用しましょう。まだ幼くて制服がない子供には子供用のスーツもあります。

女性は昼間の正礼装であるアフタヌーンドレスや夜の正礼装であるイブニングドレスがおすすめです。また、セミフォーマルドレスであるカクテルドレスもおすすめです。その他にもフォーマルな感じのスーツやワンピースでも問題ありません。

女性の和装では既婚女性は黒留め袖や訪問着を着用することが多いようです。未婚女性の和装には振袖着がよいでしょう。

高校生以下の女の子では、色が白っぽくないフォーマル感のあるレースやフリルがあしらわれたドレスやワンピースがおすすめです。高校生以下で制服があれば制服でも構いません。

服装のマナー

http://www.cocosab.com/結婚式 招待状


事務服 ベスト
事務服のベストなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!