結婚式マナーWEB
結婚式マナーWEB TOP → 服装のマナー 親族の服装

親族の服装

新郎新婦のご家族もせっかくのフォーマルな場ですので思い切りおめかしして結婚式に出席しましょう。洋装でも和装でも新郎新婦の衣装とあわせてそれよりも少し控えめに装うようにするとよいでしょう。

新郎新婦の父親は一般的に昼間の正礼装であるモーニングコートと呼ばれる洋装で出席することが多いようです。ストライプが細めのパンツとネクタイを選び、新郎よりも少し控えめにしましょう。

その他にも夜の正礼装であるタキシードや和装の正礼装である紋付き羽織袴などがあります。カジュアルなウエディングの場合にはフォーマルスーツやダークスーツを着用する場合もあります。

新郎新婦の母親は日本では和装で黒留め袖が主流となっています。黒留め袖とは既婚女性が正装服として着用するもので家紋が入った着物のことです。

カジュアルウェディングの場合は洋装の正礼装であるアフタヌーンドレスやイブニングドレスでも問題はありません。夜はネックラインが深いものや多少背中のあいたドレスでも問題ありませんが、昼間は丈が長く袖がついたものを選びましょう。

洋装の場合はヒールは3センチ以上のパンプスをあわせ、白っぽい色ものを避けるようにしましょう。バッグは小型のパーティー用のものを持ち、アクセサリーは昼はパール、夜は宝石がよいでしょう。

また柄が続くよう織られている訪問着は社交着として使用されている着物で平服指定の結婚式の和装として着用されています。着物と合わせるぞうりは布製のものがよいでしょう。

新郎新婦の兄弟や姉妹の服装については、それぞれ女性の服装、男性の服装を参考にするとよいでしょう。

服装のマナー

ディレグラ
ディレグラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ナースサンダル
ナースサンダルならユニフォーム専門店 e-UNIFORMがオススメ!

http://www.dgachn.org/
レンタカー 鹿児島空港ならこちら