結婚式マナーWEB
結婚式マナーWEB TOP → ご祝儀のマナー ご祝儀のマナー

ご祝儀のマナー

ご祝儀はご祝儀袋の書き方や入れ方など気をつけなければいけないマナーがたくさんあります。何度か経験しているけれど本当に大丈夫なの?と不安に思っている方は、ご祝儀に関するマナーをしっかり覚えて招かれ上手になりましょう。

結婚式の当日はご祝儀が汚れてしまわないように袱紗(ふくさ)に包んで持参するのが礼儀です。袱紗は結婚式などお祝い用の「赤」や「紫」の色のものを使用しましょう。「紫」ならばお祝いと忌事の両方で使用することができて便利です。

袱紗がなければ小さなふろしきやハンカチに包むとよいでしょう。包み方は袱紗を広げて、ご祝儀袋を表面を上にして中央より左寄りに置き、左角を折りたたみ上の角をその上にかぶせ、次に下の角をかぶせて、最後に右の角を折りかぶせて全体を包みます。

結婚式の当日にご祝儀を渡す時は必ず「本日はおめでとうございます」と受付の方にお祝いの言葉を述べてから渡しましょう。そしてバッグから袱紗に包まれたご祝儀を取り出して、それを開き両手で受付の方が文字を読みやすい方向でご祝儀を渡しましょう。

ご祝儀のお金は新札を用意するのがマナーです。これは新しい門出をお祝いするという意味が込められています。そのためもしも新札を用意できない場合は、なるべくシワが少ないお札を選んでシワを伸ばすようにアイロンをかけてから包みましょう。

ご祝儀は「4」「9」の数字がつく金額は「死」「苦」を連想させることからお祝い事に使ってはいけないとされていますので気をつけましょう。また、お札の向きに決まりはないのですが、一般的にご祝儀は表、不祝儀は裏を上に向けて入れることになっています。

ご祝儀のマナー

カーテン インテリア
モンルーペジャパン