結婚式マナーWEB
結婚式マナーWEB TOP → ご祝儀のマナー 表書きの書き方

表書きの書き方

ご祝儀袋の表書きは、その昔人に物を贈る時に紙を敷いた台の上に贈り物を乗せて、内容や贈り主について記入された目録をつけていたことから始まりました。

その後、時代とともに目録のしきたりは簡略化されましたが、相手に贈り物の中身を伝える意味で表書きを書くようになったと言われています。

ご祝儀の表書きを書く時は、毛筆や筆ペン、サインペンなどで書きましょう。濃い墨のものを使用し、楷書体で丁寧に書くようにしましょう。この時、ボールペンや万年筆、また薄い墨は仏事用の書き方になりますので注意しましょう。

表書きは、上に「寿」「御結婚御祝」「御祝」と記入しますが、最近は印刷されていることが多いようです。名前を書く時は表書きより少し小さめに書き、贈る人数によって書き方が違ってきますので注意しましょう。

・個人で贈る
名前は水引の中央よりやや下にフルネームで記入しましょう。

・夫婦で贈る
水引の中央よりやや下に姓を記入し、その下の右側に夫の名前、左側に妻の名前を記入しましょう。

・連名で贈る
3人以内なら連盟で記入することができます。水引の中央よりやや下に、年長者順に右から左に向けてフルネームで記入しましょう。地位や年齢の順番を気にする必要がない場合は五十音順で記入しましょう。

・4人以上で贈る
人数が多く連名で記入できない場合は、水引の中央のやや下に代表者の名前をフルネームで記入してその左側に「他一同」と書き添えましょう。この時別紙に全員の名前を書いて中袋に同封しましょう。

・会社名で贈る
水引の中央のやや下に贈り主の名前をフルネームで記入して、その右側に会社名を記入しましょう。

ご祝儀のマナー

スルガム
スルガムなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://richidad-office.com/sonota/sonota.html
金持ち父さん貧乏父さんのコンテンツ