結婚式マナーWEB
結婚式マナーWEB TOP → ご祝儀のマナー ご祝儀袋の入れ方

ご祝儀袋の入れ方

何度経験しても迷ってしまうご祝儀袋の入れ方は、基本さえつかんでいれば簡単にこなすことができます。これを機会にご祝儀袋の入れ方を覚えてみてはいかがでしょうか。

ご祝儀は必ず中袋に入れた金をご祝儀袋に包むことになっています。市販されているご祝儀袋のほとんどは中袋付きとなっているようですが、もしも中袋がついていない時は半紙などでお金を包んでからご祝儀袋にいれましょう。

ご祝儀袋にお金を包むときは、まずご祝儀袋の下側を水引から抜いて中袋を取り出します。中袋を広げたら表面を上にしたお札を中央に置いた後に中袋を元通りに折りたたんで包み直します。

中袋に金額や氏名、住所などの記入欄が印刷されている場合は記入事項を記入しましょう。記入事項が印刷されていなくても、新郎新婦が後日確認する時に整理しやすいように金額と氏名など最低限の必要事項を記入してあげるとよいでしょう。

金額は一般的に中袋の表面中央に漢数字で記入します。そして住所や氏名は裏面の左下に記入するとよいでしょう。郵便番号も記入するとより親切です。

漢数字は1(壱)、2(弐)、3(参)、4(四)、5(五)、6(六)、7(七)、8(八)、9(九)、10(十・拾)、100(百)、1000(千・阡)、万(万・萬)、ちなみに「金○万円也」を記入するのが一般的です。

お金を包んで中袋の記入事項を記入して封をした後は、ご祝儀袋の上包みに入れます。中袋を取り出すときに水引から抜いた部分から中袋を表面が上になるように入れて元の状態に折って戻します。この時、下側の折り返しが上に重なるように折るようにしましょう。

ご祝儀のマナー

タキソテール
タキソテールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

すっぽんスープ通販 巣鴨三浦屋│【飲むエステ】コラーゲンと必須アミノ酸が豊富な食品(サプリメント)の効果を是非味わってください!お中元やお歳暮へも人気
http://e-shop.tj.shopserve.jp/