結婚式マナーWEB
結婚式マナーWEB TOP → 招待状の返信に関するマナー 様々な返信はがきマナー

様々な返信はがきマナー

ここでは結婚式の招待状の返信はがきに対する様々なマナーをご紹介します。

結婚式の招待状が届いたらメールや電話だけでなく必ず返信はがきで出欠の返事をするのがマナーです。友人や親戚の結婚式の場合は事前に連絡をもらうものですが、いくら親しくても返信はがきで正式に返事と祝福の気持ちを伝えましょう。

予定がはっきりせずすぐに返信出来ない時は、最初に電話でお祝いとお礼の気持ちを伝えてすぐに返事ができないことを伝えましょう。そしてなるべく早く返事を出せるように努力をし、必ず期日までに返事を出すようにしましょう。

やむをえず返信はがきを汚してしまった場合は、送る前に電話であらかじめその事情について説明し、きちんとお詫びをしましょう。通常の返信はがきと同じように出欠席と祝福の言葉をひとこと添えると良いでしょう。

招待状の宛名が「○○様、御令室様」や「御令夫人様」と記入されている場合は、夫婦で招待されていることになります。

夫婦ともに出席する場合は返信はがきに連名で記入し、どちらかだけが出席する場合は、出席する方の名前だけを記入しましょう。そして欠席される方はお詫びのメッセージと祝福の言葉を添えましょう。

あまり親しくない方から結婚式の招待状を頂いて欠席する場合は、通常の欠席を同様にまずは電話でお詫びの連絡をしてお祝いの言葉をかけましょう。そして必ず返信はがきで返事をして披露宴の時に電報を打ちましょう。

また招待状をもらった以上はなんらかの形でご祝儀を渡すと良いでしょう。交友度合いや金額を特に考慮せず、品物を贈ってお祝いの気持ちを伝えるようにしましょう。

招待状の返信に関するマナー

オーダーカーテン 東京
http://www.monreve-japan.jp/

介護のベッド
http://www.rakuten.co.jp/auc-okasei/