結婚式マナーWEB
結婚式マナーWEB TOP → 招待状の返信に関するマナー 一言添えるメッセージの例

一言添えるメッセージの例

お祝いのメッセージといってもどんなことを書いたらいいのか分からないという方のために一言添えるメッセージの例をご紹介します。これらを上手に組み合わせて、メッセージを記入すると良いでしょう。

結婚式に出席する場合に、結婚を祝福する気持ちや結婚式の招待への感謝の気持ちを表すメッセージの例は以下の通りです。

・ご結婚おめでとうございます。
・お招き頂きましてありがとうございます。
・喜んで出席させて頂きます。
・お二人の晴れの門出に立ち合わせて頂くことを、とても嬉しく思っております。
・○○さんの花嫁姿を楽しみにしています。

挙式または露宴のどちらかに出席する場合は、祝福の気持ちとどちらかに参加させて頂く旨を伝えるために以下のようなメッセージが良いでしょう。

・この度はご結婚おめでとうございます。あいにく諸事情により披露宴まで出席することができませんが、挙式には是非出席させて頂きます。

・この度はご結婚おめでとうございます。あいにく諸事情により挙式にかけつけることができませんが、披露宴には是非出席させて頂きます。

結婚式を欠席される場合には、具体的に都合がつかない理由を書き添えますが、「多忙で」や「忙しくて」という言葉は失礼にあたりますので使わないように以下のようなメッセージが良いでしょう。

・この度はご結婚おめでとうございます。あいにく○○の予定があり、欠席させて頂きます。お招き頂きありがとうございます。

○○には、長期の出張やどうしても出席しなくてはいけない会議、出産間近などの理由が入ります。先約や体調、忌事と重なる時などは、理由をあまりはっきり書かない方がよいでしょう。

招待状の返信に関するマナー

ソフラチュール
ソフラチュールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.ngocchauseafood.com.vn/
金持ち父さんと貧乏父さん