結婚式マナーWEB
結婚式マナーWEB TOP → 招待状の返信に関するマナー 返信はがきの書き方

返信はがきの書き方

基本的な返信はがきのマナーを覚えたら、返信はがきの書き方について勉強しましょう。

宛名に書かれている「行」は二重線または斜線で消して「様」と書き変えましょう。元から「様」と記されている時はそのままで大丈夫です。

受け取る方に対する敬語の「御」を二重線または斜線で消し、「出席」の文字を丸で囲みます。その他の「御」や「御芳」も消し忘れないようにしましょう。また、「御欠席」の文字も二重線または斜線で消しておきましょう。

はがきの余白に心遣いとしてお祝いのメッセージを添えると、祝福の気持ちと招待へのお礼の気持ちがより一層伝わるでしょう。

出席したいけれどどうしても都合がつかず欠席しなければいけない時は、まず電話で事前に欠席の報告を入れましょう。

招待状を頂いたらなるべく早く返信するのがマナーですが、欠席の場合にあまり早く返信するのは出席する気がないものと受け止られてしまう可能性もあります。

どうしても欠席しなければならない時は、まず最初に電話でお祝いの言葉と出席できないかもしれない旨を伝えてから少し間を空けて、返信はがきを出すとよいでしょう。

はがきには、「御」を二重線または斜線で消して「欠席」の文字を丸で囲み、すべての「御」と「御芳」を消し、「御欠席」の文字も消しましょう。余白には、やむを得ず欠席させていただく旨を書き添えましょう。

披露宴を欠席する時は、当日に結婚式の会場へお祝いの電報を送るようにしましょう。お祝い電報は披露宴開始の1〜2時間前には会場に届くように手配し、新婦宛ての場合は宛名を旧姓で送るのが一般的です。

招待状の返信に関するマナー

透析 送迎
透析の送迎なら五反田ガーデンクリニック!

【楽天市場店:父の日「お酒名入れ」/日本酒ギフトセット/焼酎ギフトセット/梅酒ギフトセット/酒器セット贈り物】
http://www.rakuten.ne.jp/gold/osake-utuwa/